交通事故被害者として、賠償金について知っておくべき事

交通事故に見舞われ、不運にも被害者となられた方。
受傷された方は、まずは治療に専念して頂きたいものです。けがの程度や、それに伴う治療の進展具合、けがが完治するまでの見通し、など、身体に関わる心痛は、察するに余り有るものでしょう。
それと同時に、けがの後遺症による仕事への影響など、金銭に関わる不安も頭をもたげてくるのではないでしょうか。このような状況では、加害者側へ要求する賠償金についても、大きな関心をお持ちになっている事でしょう。
「保険にも入っているし、こんな時こそ、保険会社の出番じゃないか」
ごもっともです。
交通事故に遭われたら、何を置いても保険会社の担当者に連絡し、加害者側との示談など、今後の事を話し合われる方がほとんどではないでしょうか。

ただ、全てを保険会社の担当者任せにしていて、良いのでしょうか?
交通事故の被害者という立場に立たされてしまったら、自身に降りかかってきた損害をきちんと把握し、相手への賠償に正しく反映させることが重要になってきます。
示談交渉は済んだものの、提示された金額に不満があるなど、後々、遺恨を残さないためにも、被害者自身が積極的に行動する事が望まれます。
この稿では、交通事故にける賠償金の意味や、請求する上で留意する点などを考察していきます。

① 交通事故における賠償金とは?

日常生活においては、「賠償金」という言葉は余り使いませんが、漠然となら意味はご存知の事でしょう。賠償金の定義としては、「加害者が被害者に対して、与えた損害を補償するための金銭」という事になります。ではこの賠償ですが、交通事故においては、いくつかに分類されます。
交通事故における賠償は、人身損害と物的損害に大別されます。次に、人身損害に対する賠償は、財産的損害と精神的損害とに分けられます。
・財産的賠償
 財産的損害とは、交通事故が原因で起こった財産上の損害を指します。これは2つに分かられ、1つは被害者が事故により受傷した場合、病院での治療費や、通院する際の交通費などの実費としての積極的損害。もう1つは、被害者が事故に遭わなければ、将来に渡って得られていたであろう利益を逸失した損害で、消極的損害と呼ばれています。

・精神的損害
 精神的損害とは、交通事故が原因で、被害者が被った肉体的、精神的な苦痛に対する損害を言います。この精神的損害への賠償を、「慰謝料」と呼んでいます。

② 賠償金、慰謝料、示談金の違い

交通事故において、賠償金と同様によく使われる言葉に、「慰謝料」があります。この慰謝料と言う言葉、賠償金とよく混同されますが、実は意味に相違があります。先に触れたように、慰謝料とは、交通事故の被害者が受けた、肉体的、精神的苦痛に対する損害を償うものです。つまり、慰謝料は、賠償金を構成する要素の一つ、という事になります。そしてこの慰謝料は、人身事故に対する損害賠償を意味しており、交通事故が物損事故のみである場合、慰謝料の請求は出来ない事になります。
交通事故にまつわる賠償問題は、ほとんどが示談により解決をみています。この示談とは、なにがしかの紛争が起こった場合、調停や裁判などの、裁判所を介した紛争解決手段を取るのではなく、紛争の当事者が話し合いで問題を解決する事を言います。法律用語ではこの示談を、「和解」と定めており、調停や裁判と区別しています。示談は当時者本人どうしでも行えますが、交通事故の場合、通常は加害者、被害者双方が加入している任意保険会社の担当者が、代理交渉する事になります。一般的には、法律の専門知識を持たない当事者同士が示談交渉しても、建設的に交渉を進める事は難しいでしょう。従って通常は、保険会社の担当者同士が代理交渉を行い、お互いの過失割合など決めていく事になります。その結果、導き出される金額が、被害者に提示される「示談金」と呼ばれるものです。交通事故における賠償金は、ほぼこの示談金と同義とお考え下さい。

③ 実際に請求出来る賠償金の項目

交通事故に遭遇した被害者が、実際に加害者側の保険会社に請求出来る賠償金の項目には、以下のようなものがあります。

人身事故のケース

A. 治療費

交通事故により受傷した場合、けがの治療に必應な実費を指します。入院費、手術費、診察費などが含まれます。

B. 入院雑費

入院を余儀なくされた時、入院に関わる経費全てを言います。通信費、日用雑貨、栄養補給費、テレビカード、見舞いに訪れた家族の交通費など、多岐に渡ります。常識的には、一日に1,100~1,600円程度と定められています。過去においては、細かく領収書などを集めて立証しなくてはなりませんでしたが、現在では、この程度の費用は常識の範囲として、証拠書類がなくても認められています。

C. 付添看護費

付添人が必要か否かは、担当した医師の判断に委ねられるため、必應性が記入された診断明細書が必要になります。家族が付き添った場合、その費用は入院の場合は、一日あたり6,000~7,000円。通院の場合は、一日に3,000~4,000円です。

D. 通院交通費

けがの治療のため、病院へ通う際に利用した交通機関にかかった交通費です。自家用車を利用した際は、ガソリン代を請求する事が出来ます。

E. 休業損害

交通事故によるけがの治療のため、休業を余儀なくされた場合は、収入を得る事が出来なかった部分を損害とみなし、支払い請求する事が出来る事ができます。具体的な計算方法は、下記の通りです。
・自賠責保険基準による算定
実際に仕事を休んだ日、一日につき5,700円が、休業損害として認められています。
休業損害=5,700円×休業日数
一日の休業損害の金額が、規定されている5,700円を超える場合、実際に発生した金額を1日あたりの金額とみなし、算定しています。この場合、金額の上限は19,000円です。
・弁護士・裁判所基準による算定
自賠責保険基準では、一日あたり5,700円でしたが、弁護士・裁判所基準では、この部分が一日あたりの基礎収入に代わります。
休業損害=一日あたりの基礎収入×休業日数
基礎収入に関しては、計算方法に関して、解釈の違いが見られるようで、加害者側との丁寧な話し合いが必要になります。

F. 慰謝料

交通事故における慰謝料とは、被害者が被った、肉体的・精神的苦痛を金銭で換算したものです。以下の3つが挙げられます。

a. 入通院慰謝料

入通院慰謝料とは、交通事故で負ったけがの治療で、入院を強いられ、退院後も通銀を余儀なくされた場合、被害者が受けた肉体的、精神的な苦痛に対する損害賠償です。治療が終了するまでは、被害者は長い期間、苦痛に耐えなければならないため、それに対する迷惑料という性格を持っています。実際の金額は、入通院に費やした機関と、けがを被った部位や、けがの程度により、違いが出てきます。

b. 後遺障害慰謝料

事故によるけがの後遺症とは、治療後も残ってしまう傷や機能障害、あるいは神経障害などの総称ですが、これに加えて、後遺障害とは、もうこれ以上、治療を続けても回復の見込みがないと医師が判断し、「症状固定」と診断した状態を指します。後遺障害等級において、認定されれば、等級に応じて後遺障害慰謝料が支払われる事になります。

c. 死亡慰謝料

交通事故により、被害者が死亡してしまった場合、被害者に支払われる賠償金です。死亡するまでに被害者が被った精神的苦痛に対して、金銭をもって誠意を見せるという性格を有しています。この死亡慰謝料は、被害者本人に対するものと、被害者の遺族に対してなされるものの2通りあります。
因みに、この死亡慰謝料を算定するにあたっては、以下の3つの基準が存在します。

・自賠責保険基準
自賠責保険から支払われる保険金の計算基準です。自賠責保険とは、自動車を運転する者が強制的に加入させられる保険です。交通事故被害者の、最低限の救済を目的としています。交通事故が起こった際、加害者は自賠責保険に加入している事が前提なので、最低限でも自賠責保険からの賠償金の支払いは保証されます。その分、賠償金額は、非常に低い設定となっています。

・任意保険基準
交通事故の加害者が加入している任意保険会社が、被害者側と示談交渉する際に適応してくる基準です。任意保険会社各社により、基準はまちまちで、一般には公開されていません。任意保険基準による賠償金請求額は、自賠責保険基準で算定されたものよりは、高額にはなりますが、それが適正価格であるかどうかは、議論の分かれるところです。

・弁護士・裁判所基準
この基準は、実際に弁護士が相手方と交渉する際や、訴訟を超す時に採用するものです。3つの算定基準小中でも、最も高額な賠償金を請求する事が可能です。

a. 被害者本人に対する慰謝料

現実には被害者は死亡していますから、実際は遺族が請求する事になります。
自賠責保険基準においては、本人に対する死亡慰謝料は、一律350万円と定められています。これは、被害者の収入、社会的立場などに関わらず一定です。一方、任意保険基準と弁護士・裁判所基準においては、些か違ってきます。以下の通りです。

・任意保険基準
世帯収入を担う者・・・1,500~2,000万円
配偶者・・・1,300~1,600万円
子供・・・1,200~1,500万円
高齢者・・・1,100^1,400万円

・弁護士・裁判所基準
世帯収入を担う者・・・2,800~3,600万円
配偶者・・・2,000~3,200万円
子供・・・1,800~2,600万円
高齢者・・・1,800~2,400万円

b. 遺族への慰謝料

交通事故で被害者が死亡した場合、残された近親者も、精神的苦痛を負いますから、被害者本人とは別途、遺族にも死亡慰謝料は支払われます。
自賠責保険基準における、遺族が請求出来る慰謝料の相場は下記の通りです。
・遺族が1人の場合・・・550万円
・遺族が2人の場合・・・650万円
・遺族が3人以上の場合・・・750万円
尚、被害者に被扶養者がいる場合は、上記の金額に一律200万円が加算される事になります。

G. 逸失利益

交通事故に遭い、けがを被って後遺障害が残存した場合、その障害がなければ、将来に渡って得る事が出来たであろう収入を損害とみなし、損害賠償金を請求する事が可能です。

H. 将来の介護費

後遺障害等級において、第1級、第2級、第3級までで、四肢の可動範囲などで不自由が確認され、または明らかな神経障害が認められ、日常生活を満足に送る事が出来ない場合に請求する事が出来ます。

I. 祭儀費用

交通事故により、被害者が死亡した場合、通夜や告別式など、葬儀にかかった費用を請求する事が可能です。

<物損事故のケース>

A. 車の修理費

事故により破損した自動車の修理代です。車の全損、分損の判断も同時に行われます。

B. レッカー代

交通事故の現場で、被害者の運転していた車が大破し、走行出来なくなった時、事故付近の修理工場へ車を搬送するための費用です。

C. 格落ち損害

交通事故が原因で、車の買い替えをしようとした際、車の評価額が落ちた分を損害賠償請求出来る、というものです。いわゆる「査定落ち」と呼ばれるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です